マダム信子は整形か?年齢や旦那は?年収と自宅も気になる!

madamshinko1

1月10日の誰だって波乱爆笑は、名物社長豪邸スペシャル!

 

以前、花畑牧場との対決で負けた番組をお蔵入りにさせたと話題になっている女社長・マダム信子

 

ヒョウ柄好きの彼女の自宅は、やはりヒョウ柄だらけなのでしょうか……?

 

 

マダム信子のプロフィールや経歴

 

 

madamshinko2

銀座の№1ホステスだったマダム信子さん。バウムクーヘンのお店マダムシンコが大盛況の実業家です!

名前:マダム信子(まだむしんこ)
本名:川村 信子(かわむら しんこ)
生年月日:1951年12月14日(64歳)
出身地:島根県大田市
職業:株式会社カウカウフードシステム代表取締役会長

 

ラジオ関西ではレギュラーも持っていますね!マダム信子は在日韓国人の両親の間に生まれ、幼少のころは厳格な父に育てられたといいます。

 

しかし、貧しく厳しい家庭環境に反発したマダムシンコは、1972年に母が用意してくれた資金を元にスナック喫茶を開業します!

 

並々ならぬハングリー精神を感じるのがこの辺からです!18歳で未経験のまま不動産・高級クラブ・果ては貴金属の事業にまで手を出したマダムシンコ。

 

26歳の時に大阪で高級クラブを成功させ、37歳で上京。37歳で銀座ホステスの№1になったというのが驚きです!!

 

どんなテを使ったのでしょう!?戦慄……。№1になってから9か月後に銀座で「銀座クラブ信子」をオープンし、ボーイの面接に来た川村幸治(現在の旦那さん)と出会います。

 

 

整形疑惑?

 

 

madamshinko3

整形は、してるでしょうねぇ……。現在64歳のマダムシンコ。何の手もかけずに生きて来たら、これだけの若さはキープできないでしょう。

 

由美かおるはサイボーグなどという言葉が昔の漫画で大流行したときもありましたが、60過ぎた女性がこれだけの美貌(?)をキープするには科学的な処置がなされているとしか思えません!!!

 

お顔のアップの画像がなかなか見つからないのでハッキリとしたことは言えませんが、エイジング関係の処置はバッチリだと思います!そして目頭はちょっと不自然なので、若いころに目頭切開をしたのではと疑いたくなる形!

 

鼻筋に関しても、鼻筋の脇にできる影が定規で引いたような直線の影なので、鼻を高くする処置をしている可能性もありますね!!

 

マダムシンコの画像をみると、ヘアスタイルはアップにしていることが多いようです。これはやはり顔の皮膚が下垂するのを上にグイっと上げる効果を狙ってのことでしょうね!

 

と、ズケズケ言ってしまいましたが、最後にフォローを一つ。 とってもお若く見えますよ!

 

 

Sponsored Link

年齢は?

 

 

madamshinko4

ヒョウ柄の服を着ないと人前に出られないような強迫観念でも持ってるんでしょうか!?常にヒョウ柄をまとっているマダムシンコさん。

 

幼少期は在日韓国人であることでイジメにあっていたそうです。でも今は、日本中の人を笑顔にさせるバウムクーヘンを作り続ける女社長!

 

人はどう成長するのか、わからないものですね!彼女は現在64歳です。

 

同い年にどんな有名人がいるのか調べてみました!

cartrassel1

ハリウッド俳優のカートラッセルさん。昔はカッコよかったですが、今ではサンタクロースみたいになってます!1951年3月17日生まれです!

turube1

1951年12月23日生まれ、笑福亭鶴瓶さんです!

 

一つ上の学年には志村けんさん・和田アキ子さん・池上彰さんなんかがいます!いわゆる団塊の世代なんですね!

 

 

旦那は?

 

 

kawamurakoji1

この方が以前テレビにも出演した19歳年下の旦那。現在45歳の幸治さん!

 

二人の出会いは信子さんが経営する高級クラブに、夫になる幸治さんがボーイとして面接にきたことがきっかけでした。

 

逆玉ですね!

 

元はモデルで、俳優をしていた時期もあるそうです。どおりでイケメンな感じ!

 

現在はマダムシンコの右腕としてブランドのプロデュース事業などに携わっているそうです!公私ともに大事なパートナーなんですね!

 

実は彼女、18歳の時親に無理やり見合い結婚をさせられています!その結婚は2年で離婚に至ったそうですが、現在の夫は本当に運命の人だったようですね!

 

 

自宅や年収が気になる!

 

 

マダム信子というと、実は何度か自宅をテレビに公開しています!

 

その時の画像がこちらです!

shinkojitaku1 shinkojitaku2 shinkojitaku3 shinkojitaku4

どこ向いてもヒョウ柄……。万が一ゴキ○リが出てきても、ヒョウ柄に隠れてすぐに見失いそう!

 

自宅は兵庫県の西宮にあるそうで、自宅を建設するにあたってかけた費用は、土地建物家具など込みで8億円以上にも上るといいます!!

 

自宅の土地はなんと600坪!およそ2000平米です!日本の平均的な建売住宅がだいたい100平米ですから、建売住宅が20個入ってしまう大きさです!

 

ピンと来ないですか?では、小中学校の体育館をイメージしてください。あれぐらいの感じです。

 

兵庫県の西宮市というと、大都会とは言えないでまでも、人口46万人ほどの大きな都市です!

 

そんな都市で、それだけの大きさの土地を持っているというのは、やはりステイタスなのかもしれませんねぇ……。実際、高級住宅地も多いですからね。

 

マダムシンコのバウムクーヘンと検索するとサブワードに‘マズイ’と出てくるのが気になるところですが、不屈の精神でこれからも活躍してほしいです!

Sponsored Link