足助美岐子のWikiプロフィール!かわいい土木女子は元子役?

9月16日放送のNHKの「応援ドキュメント 明日はどっちだ」に
今話題の土木女子「通称ドボジョ」の足助美岐子さんが出演します。

asukemikiko1

そこで今回は足助美岐子さんのWikiプロフィールや
かわいいと評判の土木女子が元子役?など足助美岐子さんについて調べました。

Sponsored Link

 

足助美岐子のWikiプロフィール

 

 

Wikipediaより引用

名前:足助美岐子
生年月日:1988年10月12日
年齢:25歳
職業:土木技術者
中央大学理工学部土木工学科卒業、
中央大学大学院理工学研究科修士課程土木工学専攻修了
2013年、清水建設入社

お父さんの影響でこの世界に飛び込んだ
足助美岐子さんは現場の職人からの厳しいい声にも負けず、
現場監督として試行錯誤しながら頑張っています。

asukemikiko2

今年の8月現在では、
東関東自動車道と東京外環自動車道が交差する
市川ジャンクションのインフラ整備に携わっているそうです。

 

かわいい土木女子は元子役?

 

 

歴史好きの女子のことを「レキジョ」や
理数系女子のことを「リケジョ」と呼んだりしてますが、
土木系女子のことは「ドボジョ」といいます。
漫画のタイトルにもなっていて、そこそこ認知されてきているようですが、
タイミングよく? つい昨日「ドボジョ」という
ネーミングが不評だと話題になっていました。

なんでも、響きが悪いと評判が悪いようです。
まぁ確かにそうですね。定着するのは難しいかも知れませんね。

そんな土木女子の中でもかわいいと評判の足助美岐子さん。
実はなんと、その昔は子役として活躍していました。
4歳頃から劇団日本児童に所属し、舞台やドラマに出演していまいた。

asukemikiko3

舞台では「サウンドオブミュージック」のグレーテル役、
「レ・ミゼラブル」のリトル・コゼット役、
また、「美少女戦士セーラームーン」のちびちび役もやっていたそうです。

chibichibi

ドラマでは「火曜サスペンス劇場」にも出てたそうなので、
ひょっとしたら見た事ある人もいるかもしれませんね。

中学3年頃まで劇団に所属していたそうですが、
辞めてからはタレントとしての活動はほとんどしてなかったそうです。

 
放送では現場監督として現場を仕切る、
足助美岐子さんの奮闘をドキュメンタリーで追いかけます。
どうなるのかテレビでチェックしてみましょう。「

Sponsored Link