伊藤明(伊東屋社長)のプロフィールや経歴!新店舗は残念?

文房具って見ているとなんだかワクワクします。どうも、僕です。

銀座の老舗で、文具好きの聖地ともいわれる伊東屋の本店が、

創業111周年を迎え、創業した日でもある6月16日にグランドオープンしました。

7月2日の「カンブリア宮殿」のゲストが、この伊藤屋の伊藤明社長です。

itoakira1
今回はこの伊藤屋の歴史と、社長さんのプロフィールなどなど調べてみました。

Sponsored Link

 

 

伊藤明のプロフィール

 

itoakira2

本名:伊藤明(いとう あきら)
生年月日:1964年 50歳
出身地:東京都
学歴:慶應義塾大学法学部
職業: 株式会社 伊藤屋 代表取締役社長
経歴:1992年株式会社伊東屋入社
2005年代表取締役社長就任。企業経営のかたわら、伊東屋オリジナル商品開発に携わる。
2007年より銀座通連合会常任理事
2009年より全銀座会催事委員会委員長。日本デザイン振興会等で講演。

 

 

 

伊東屋とは?

 

itoya1

本社所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座二丁目7番15号
設立:1904年(明治37年)6月16日
業種:小売業
事業内容 :文房具・生活雑貨の販売
資本金 :1億2,100万円
従業員数:297名(2008年現在)

 

itoya2
今年6月16日に、銀座本店をリニューアルしオープンさせました。

銀座の本店のグランドオープンでは

「銀座らしさを向上させ、『ここが自分の場所』と思える、
心地良い場所と空間をお客様に提供することが新たな使命」

と伊東屋の伊藤明社長は抱負を述べていました。

 

「伊東屋」の他に、小型店舗の「itoya topdrawer(イトーヤ トップドロワー)」、

高級筆記具を取り扱う「カランダッシュ」の屋号でも店舗を展開しています。

新しくなった本店には、なんと!野菜工場まであるそうです。

itoya3

 

 

Sponsored Link

結婚や家族は?

 

僕も調べてみたのですけどねぇ。

さすがに、芸能人じゃありませんので、

そんなプライベートな情報は公開されていませんでした。

しかし、「伊藤明」さんという、同姓同名の方が多いですね。

ちなみに姓名判断してみると・・・・

itoakira3

まず伊藤 明さんの総格は33画の4点!

気が強く勇気溢れる。みずから運を引き寄せるタイプだそうです。

生涯を通じて影響する総合運となり、主に50歳以降の晩年期に影響を及ぼすそうです。

丁度今年50歳ですし、本店を新しくしましたね。

 

ほんで伊藤 明さんの天格は25画の4点!

剛気で自立心が強く、個性的な性格。才能と強運に恵まれているそうです。

家系が持つ宿命的な運勢を表すそうで、自分の力が及ばないそうで、家柄を象徴するんだそうです。

なんとなく姓名判断で攻めてみました笑

明治から続く、老舗の社長さんですからねぇ。

普通に結婚されて、すでに後継者もおられるのではないでしょうか。やっぱり。

年収は?

 

伊藤屋さんは、株式会社ではありますが、株式公開はされていないようですね。

ホームページにも、投資家情報が掲示されていません。

同族経営って言うやつですかね?

儲かっているのかどうかもちょっと良くわかりません。

会社の売り上げ規模からなので、社長さんの年収を推測することもできませんでした。

 

新店舗は残念?

 

銀座に新たにオープンした本店。

itoya4
各フロア毎にテーマを設けて、文房具を中心にしつつも、

「働く」ことをサポートする提案を行っているそうです。

ここでいう「働く」とはビジネスだけの限らず、

家事など生活の活動全体が含まれるそうですよ。

それらを楽しむ人々に向け、文房具や道具だけでなく、

「食べる」「移動する」といったことに関する商品も扱っています。

6階の「HOME」のキッチンツールのコーナーです。

食器や包丁なども扱っています。

itoya5

屋内だけではなく、テラスなどでくつろぐための商品や、ガーデニング用品も並んでいます。

扱っている商品の種類が多くて、店に入ったら2,3時間はあっという間に過ぎてしまいそうな感じ。

文具屋さんの領域を超えた、テーマパークのような店内ですね。

ネットでは、残念とかワードが出てきますが、

今までの伊東屋さんのファンだった方の一部は、雑貨屋さんぽくなった本店を

自分的には残念だと思われているようです。

どちらが正しいとかはもちろん無いですが、

最近は雑貨屋っぽい文房具店が増えていますよね。

そうしないと、やっていけないということもぶっちゃけあると思いますよ。

放送ではどんなことが語られるのか、楽しみです。

 

Sponsored Link