下重暁子のプロフィール!結婚した夫や子供について!著書も!

まだまだ、夏は来ませんね。どうも、僕です。

7月5日の「行列ができる法律相談所」に出演する、下重暁子さんをご存知ですか?

simojyuakiko1
昔の下重暁子さんの写真

NHKで1968年までアナウンサーをやっていたそうで、人気があったようです。

現在60代以上の方ならば、ブラウン管で見た方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は下重暁子さんについて色々調べてみました!

Sponsored Link

 

下重暁子さんのプロフィール

 

 

simojyuakiko2
最近の下重暁子さんです。79歳には見えませんよね。

プロフィールを紹介しますね。

本名:下重暁子(しもじゅう あきこ)
生年月日:1936年5月29日(79歳)
出身地:栃木県宇都宮市
学歴:早稲田大学教育学部国語国文学科
職業:元NHKアナウンサー、評論家・エッセイイスト・日本自転車振興会会長

23歳でNHKへ入局。

人気アナウンサーとして教養、報道、音楽番組を担当されていたそうです。

9年間勤務後、フリーとなっていますね。

その後は、作家・評論家・キャスターなども経験し、本格的な執筆活動にはいられたようです。

 

結婚した夫や子供は?

 

旦那さんは、同業のテレビマンのようです。

その旦那さんは、料理が得意だそうですよ。

その旦那さんに相談なしで、自宅をリフォームしちゃうという行動派。

しっかり、自分の書斎を確保したそうでして・・。

寝室も別々にして、いわば家庭内別居をしたそうです。

しっかり旦那さんのために、台所もリフォームしてあげたとか。

だから、旦那も怒れず、むしろ好評だったそうで。

 

なかなかの策士かもしれませんね。

 

Sponsored Link

著書について!

下重暁子さんは、日本ペンクラブの会員さんでもあります。

調べてみると、確認できただけでも、共著を合わせて83冊の本を出版されていますよ。

ほぼ1年に2冊のペースですか・・・。

現在のベストセラーです。

 

発売1か月で、なんと、第七刷発行している本ですね。

下重さんに曰く、「家族ほどしんどいものはない。

この一言が、読者の心をつかんでしまったみたいです。深いですね。

 

昔から私たちは、家族の幸せ=「一家団欒」という公式をもっていますが、

下重さんは、家族とは、そんなにすばらしいものなのか?

現実にはいろいろないざこざが発生しているのに、日本では異常に

「家族」が美化されていることに疑問をもったみたいです。

 

しかし、「家族」とは、もっとも近い存在なのに、

本当は一番理解できていなかったことを、

「家族」が他界していなくなってからから気づく人も多いですよね。

現実を見つめて考察して、「家族とは何?」を問いかけている1冊です。

kazoku1

最近、傷害事件のニュースを見ていても、家族を殺害したなどの事件をよく見かけます。

この本を読んで、今一度、自分のとっての家族とは? よーーーーく考えてみたいものですね。

 

一番近い存在だからこそ、その分相手の気持ちを考えて接していかなければなりませんよね。

それを「家族ほどしんどいものはない」という表現にしたのだと思います。

でも、お互い思いやることで、本当の一致団結が生まれて、

お隣さんから見ても気持ちのいい家族になっていくのだと思いますね。

 

 

Sponsored Link



1 個のコメント

  • 当方が大学生ころの記憶では文化放送の深夜番組(もしかしたらNHK?)に出演されていたかと思います。
    下重暁子の静かな声で”又会いましたね今日から明日への交差点、ミッドナイト ストリート。。。。”
    と聞いたと思いますが、正確に思い出せません。どなたかご記憶の方がおられたら、
    イントロの部分教えてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です