谷口英司(フレンチシェフ)の経歴!店の場所や評判は?年収も!

最近、フレンチなんて全然食べてません。どうも、僕です。

6月29日の「プロフェッショナル 仕事の流儀」には、

話題のフレンチシェフの谷口英司さんが登場します。

taniguchieiji1

話題の。。。とか言いましたが僕は全然知りませんでした。

そこで今回は谷口さんについて色々調べてみました。

Sponsored Link

 

 

谷口英司のプロフィール

 

まずはいつものように、プロフィールから。

taniguchieiji2

名前:谷口英司(たにぐち えいじ)
生年月日:1976年02月07日(39歳)
出身地:大阪府 豊中市
職業:フレンチシェフ

父親が和食の料理人でだったので、小さいころから料理人を夢見ていたそうです。

料理人人生のはじめは宝塚のホテルの洋食部門で、その後、大阪で洋食を修行中に

フレンチの魅力に取りつかれてしまったようです。

「どうしてもフレンチがやりたい!」という思いで、大阪や神戸でフレンチを修行し

フランス ブルゴーニュの故ベルナール・ロワゾー氏の店や

南仏ニームのレストランなどの本場へ行き、修業されて技術に磨きをかけたそうです。

その後、2010年に「リバーリトリート雅楽倶」の

フレンチシェフに抜擢され富山に移住したそうです。

フランスで学んだ「最先端の調理技法」と、富山の「伝統食文化」とを掛け合わせ、

地元野菜、熊の肉、ホタルイカ、白エビといった、富山の食材を使って、

その場所でしか食べられない料理」を生むことが谷口さんのポリシー。

taniguchieiji3

本物の地産地消を目指して、オーナーシェフの谷口英司さんは自ら、

生産者とともに野菜を作り、山菜を採りにでかけ、

立山から湧き出る水を汲みに行ったりもしているそうです。

富山の食材を用いて、固定概念にとらわれない料理を提供しているそうですよ。

固定概念にとらわれない料理ってどんなんでしょう?気になりますね。

 

お店の場所や評判は?

 

taniguchieiji4

レストラン「レヴォ(L’evo)」

JR富山駅からJR高山本線あるいは地鉄バスで約40分、

富山空港からなら車で15分ほど南下した山里にある

 

リゾートホテル「リバーリトリート雅楽倶(がらく)」内にあるそうです。

・所在地:富山県富山市春日56-2 リバーリトリート雅樂倶内
・アクセス:富山地鉄バス(春日温泉行き)「春日バス停」徒歩約3分(駐車場あり)
・TEL:076-467-5550
・営業時間:11:30~13:00(LO)、18:00~21:00(LO)
・定休日:水曜日
・レストラン利用者は、入浴がサービスだそうです。

 

 

お店の評判を食べログで評価をみてみると、

★3.81とまあまあというところですね。

taniguchieiji5

地元の食材と、器も地元の陶芸家のもので、父親譲りの和の美を取り入れた盛り付け。

もともと関西圏の料理人ですので、薄味なのでしょうか?

点数の低い評価は、味が薄い!って言うコメントがついていました。

 

Sponsored Link

結婚や家族は?

 

詳しいプロフィールは公開されていませんし、

調べてみましたが、残念ながらよくわかりませんでした。

フランスまで修業に出ているので、意外とまだ独身ってこともありますね。

 

気になるシェフの年収は?

 

華やかそうで、意外と料理人の年収は低いと言われていますよね。

谷口さんは、オーナーシェフですけど、

オーナーだから店舗のリフォーム経費なども自分で見なきゃいけません。

ホテル内での営業ですので賃料もあるかもしれませんよね。

ちょっと前に、ドヤ顔で有名なシェフが居ました(最近みかけませんね)が、

噂ですけど、年収は億がつくとか。

彼の場合は、本もたくさん出版していて印税もあるでしょうし、

店の方も、お水が有料ですから儲かっているでしょうし、

TV出演も多かったので一般的なシェフとは年収は別格でしょう。

谷口さんの場合は、今は一般のサラリーマンと

同じくらいの年収なんじゃないでしょうか。

 

この夏には北陸新幹線も開通して、ホテルもリゾートな雰囲気でいい感じなので、

かなりの人が来るかもしれませんね。

富山へは1度言ったことがありますが、海の食材がすごくおいしかったですよ。

 

 

Sponsored Link