紺野美沙子の若い頃がかわいい!結婚した夫や息子の大学もチェック!

konnnomisako1

紺野美沙子さん、相撲に対する愛情がハンパないみたいですね!

10月13日のアウト×デラックスでその相撲愛を爆発させ、スタジオをどよめかせるそうです!

相撲って面白いですよね。

最近自分は「2016年9月場所3日目 服部桜ー錦城」の動画にハマっています。

女性の相撲ファンというのは意外に多いようですが、紺野美沙子さんは相撲のどんな部分に惹かれたのでしょう?

番組が始まる前に、紺野美沙子さんという人物についておさらいしてみましょう!

Sponsored Link

紺野美沙子のプロフィール

konnnomisako2

名前:紺野 美沙子(こんの みさこ)

生年月日:1960年9月8日(56歳)

出身地:東京都狛江市

血液型:A型

サイズ:身長・167cm/B80・W60・H89/51kg

学歴:慶應義塾大学文学部国文学科

職業:女優/エッセイスト

趣味:茶道/相撲観戦/イラスト/手芸/テニス/スキューバダイビング/写真撮影/野菜作りなど

多趣味ですね!

キリスト教カトリック系の学校であるカリタス小学校・カリタス女子中学校を卒業している紺野美沙子さん。

高校は慶應義塾女子高等学校を卒業し、大学は慶應義塾大学文学部国文科を卒業した文学士の学位を持ってます!

知的なイメージはありましたが、慶応大学の卒業生だったとは知りませんでした!

紺野美沙子さんが芸能界入りしたのは1976年ですが、注目を浴びたのは1980年に放送されたNHKの朝ドラ「虹を織る」でした!

宝塚歌劇団に入団し、成長していくヒロイン島崎佳代を演じた紺野美沙子さんは、可愛らしさと清楚な雰囲気で多くのファンの心をつかみました!

その後はNHKの大河ドラマ「徳川家康」「武田信玄」などに出演し、更に人気を集めます!

若い頃がかわいい!

konnnomisako3

konnnomisako4

konnnomisako5

20代前半の時の画像です!

初々しくて可愛すぎますね!

最後のモノクロ写真は、NHKの朝ドラでヒロインを演じた時の紺野美沙子さん、ハタチの時です!!

こんな子がそばにいたら人生バラ色だろうな……平成の世でも変わらずモテそうな清楚系美女ですね!

劣化した?

konnnomisako6

清楚で知的でスレンダーな長身美女というイメージの紺野美沙子さんも、もう56歳。

美女が年齢を重ねるとどうしても昔の姿と比べられて劣化と言われてしまうようですね。

でも、そこはさすがの女優魂といったところでしょうか。

美しく年を重ねていると思います!

お顔もそうですが、スタイルを昔のままキープするには並々ならぬ努力が必要だということは、デビュー当時の佐藤仁美ちゃんと現在の佐藤仁美ちゃんを見れば一目瞭然。

その点紺野美沙子さんは美魔女の域に達していると言えるのではないでしょうか!?

結婚した夫は?

紺野美沙子さんは数多くのテレビドラマに出演していますが、90年代はTBSの東芝日曜劇場によく出演していました。

ドラマの撮影で出会ったのだと思いますが、TBSテレビプロデューサーの篠田伸二さんと1992年に結婚しています。

画像はないのですが、かなりのイケメンだそうですね!

紺野美沙子さんの旦那になれるほどの男性ですから、イケメンじゃないと納得いかないです!

ただ、篠田伸二さんは今年の3月にTBSを退社してしまったようですね……。

その後篠田さんがどんな仕事をしているのかは明らかになっていません。

もしかして、嫁さんの給料をアテにしてるとか!?

息子についても!

konnnomisako7

紺野美沙子さんの息子さんは森村学園という私立の学校に通っていたようですね!

森村学園は神奈川県横浜市にある進学校で、西城秀樹さんの息子や、三田佳子さんの子供も通っていたそうです!

芸能人の子どもが通う学校ともなると、学費がかなり高そうなイメージがあります。

紺野美沙子さんの息子さんは、幼稚園生の時から高校までは森村学園に通っていたことが分かっています。

それでは、大学には進学したのでしょうか?

もし、紺野美沙子さんの息子さんが現役で合格した大学生なら3年生ということになりますが、どこの大学に通っているかは不明でした。

お母さんは慶應義塾大学という才女で、お父さんも元テレビ局勤務とあらば高学歴だということが予想されます。

そんな二人の血を受け継いでいれば、やはり有名な大学に通っているのかもしれませんね!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする