立ち食いレストランが人気の秘密!俺のフレンチのビジネスモデル!

ここ数年、飲食業界で注目を集めている立ち食いスタイルのレストラン

tachigui

今までのイメージといえば駅構内や高架下などの

「立ち食いそば」なんかが思い浮かびますね。

僕は関西に住んでいるので、「串かつ」が一番に思い浮かぶんですけどね。。。

「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」が話題なりメディアに取り上げられるようになって、

最近では寿司や焼肉まで色々なジャンルの料理も食べられるようになっていますね。

僕はまだ、行ったことがないんですが、

味だけじじゃなくビジネスモデル的にもすごく気になったので、

今回は立ち食いレストランの人気の秘密などについて調べてみました。

 

Sponsored Link

 

「俺のフレンチ」などを運営してる会社は「俺の株式会社」という会社で、

社長はあのブックオフの創始者として知られている坂本孝さんという方でした。

立ち食いでミシュランを目標に焼肉や割烹などにも展開されています。

 

 

人気の秘密はリーズナブルでハイクオリティ

 

「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」が人気の一番の理由は、

びっくりするぐらいのコストパフォーマンスの高さのようです。

例えば「シェ松尾」などの超一流有名店で働いていたスーパーシェフが料理長で、

超一流店の2~3万円のコースぐらいの内容の料理を

一皿1000円前後の価格で2倍のボリュームで提供しているそうです。

french

 

例えば「牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ~トリュフのソースで~」

これが1280円

 

 

 

そんなんで儲かるの?と思いますが、通常の高級なレストランでは、

一晩でテーブルが1回転から2回転しかしないので、

どうしても料金を高くせざるをえないんですが、

立ち食いの場合、お客さんがいる時間が短いのでどんどんとお客さんが入ってきて、

回転率をアップさせて高級なレストランの何倍もの利益を出しているんですね。

実際、お店は全席2時間制となっているようです。

3回転以上はしてるでしょうね。

 

また、儲かったからといって、同じスタイルでお店を増やすのは無理があります。

増えすぎると飽きられるし、ミシュランで星を取れるレベルのシェフが100人いたとして、

100人すべてを引き抜いて店舗展開することはできませんもんね。

だからシェフがいてこその店舗なので、料理のクオリティも下がらないというわけですね。

 

 

ライフスタイルの変化?

 

男性も女性とも家の外で忙しく働くのが当たり前になって、

家族そろって決まった時間に食事を取るのも難しくなってきたなか、

立ち食いスタイルなら仕事での移動途中など、

ちょっと空いた時間にさっと空腹を満たすことができます。

ちゃんとしたテーブルを置いてある店に入るほどではないけど、

かと言ってコンビニ弁当で空腹を満たすのもなんだか味気ない。

このような立ち食いスタイルは、

お客さんのニーズにうまく対応できているのかもしれませんね。

 

調べているうちに行ってみたくなりました。。。今度の休みに早速行ってみようかな?

 

関西の方には

——————————
俺のフレンチイタリアン店舗情報(大阪店)
——————————
所在地(住所)大阪市中央区道頓堀1-4-20 角座広場(かどざひろば)
電話(TEL):06-6212-5771
営業時間:15:00から23:00(ラストオーダー 22:30)
定休日:火曜日

 

首都圏の方には代表して

——————————
俺のイタリアン店舗情報(新橋本店)
——————————
所在地(住所)東京都港区新橋3-8-5 ル・グラシエルBLDG.13 1階
電話(TEL):03-6435-6213
営業時間:16:00から23:30(ラストオーダー 22:45)
定休日:不定休

 

 

 

Sponsored Link