井上眞一(バスケットボール監督)の経歴やコーチング哲学とは?

11月24日にNHKで放送される「プロフェッショナル仕事の流儀」に
井上眞一(いのうえしんいち)さんが出演します。

inouesinichi1
みなさん、井上眞一さんという方をご存じでしょうか?
井上さんは、桜花学園高校のバスケ部の監督で、
インターハイで何度も優勝している人なんです。
2014年の高校総体でも優勝し、3年連続20度目の優勝を果たしました。
そこで今回は、井上眞一のプロフィールや経歴、
ビジネスにも役立つコーチング哲学などをご紹介します。

Sponsored Link

 

井上眞一のプロフィールや経歴

 

inouesinichi2

Wikipediaから引用

本名:井上眞一(いのうえ しんいち)

生年月日:1946年10月5日

年齢:68歳

出身地:愛知県出身

職業:バスケットボール指導者

森山中学校のバスケ部で6連覇を果たし、桜花学園高校の監督に就任します。
ちなみに桜花学園高校は今でも、スカートはひざ下、
眉毛は剃ってはいけない、など校則が厳しいそうです。

oukagakuen1
校則がかなり厳しいですが、眉毛に関しては太眉ブームなのでちょうどいいのでは?

やっぱりダメですね(笑)

でも、眉毛を整えるぐらいは許してあげてほしいです。。。

 

井上さんの話に戻ります。井上さんがバスケ部の監督に就任すると、
わずか1年目でインターハイを優勝します。

oukagakuen2
その後、インターハイ20回ウィンターカップ19回
そして、国体17回の優勝を果たしました。

井上さんが弱小だった、桜花学園高校をバスケ部の強豪にしたわけですね。
高校が表彰するべきでしょう。表彰しましょうよ!

 

コーチング哲学とは?

 

井上さんのコーチング哲学ですが、まずはフィジカルを重視することです。
パワーがなければ始まらないということで、
徹底したウェイトトレーニングと食事による筋力アップを重視します。

日本人コーチにありがちなのが、外国人よりもフィジカルが劣るということで、
技術面を重視することですけど、井上さんはフィジカルを重視するみたいですね。

oukagakuen3

また井上監督は、「いいプレーヤーになれば、いい人間になれる」との考えもあって、
技術などのプレーよりも生活態度への指導もよくされているようです。

確かに一流アスリートと呼ばれる人には、いい人が多いですもんね。

また、自身がしごきに耐えかねてバスケ部を辞めた経験から
無駄な上下関係を作っていません。なので、選手は、監督にため口で喋るそうです。
これもコーチの役割の一つは、プライドを捨てることだという信念に基づいています。

なでしこジャンパンの佐々木監督も同じような感じですよね。

先輩を敬う気持ちは大切ですけど、それで萎縮してしまったら意味がないですもんね。
ビジネスでも上下関係はあるのですが、意識させずに、
競争させれば組織は活性化するということはありますよね。

体罰もないそうです。これはNHKのホームページの注目ポイントにも
そのことが書かれていましたけど、
体罰が普通だったのは、もう昔の話ですね。
賛否両論あって、問題になっていますが、暴力はよくないですよね。

 

もちろん監督は、選手がやり過ぎたら怒るそうですよ。
チームワークを乱して、スタンドプレーに走った渡嘉敷選手には
試合に負けたのはおまえのせいだと言ったこともあるそうです。
こちらが渡嘉敷選手。

tokasiki

メリハリが大切ということでしょうね?
一昔前は「スクールウォーズ」みたいな世界があったりしましたが、
今は様々な問題もあって、ずいぶん変わってきたかもしれませんね。
放送ではそういう部分にも触れているみたいなので、
放送が楽しみです。

Sponsored Link