真田丸40話!方広寺のアクセスや周辺観光スポットについても調査!

sanadamaru40-1

信繁のもとに現れた男たちが、彼の心をかき乱していましたね。

昌幸の亡霊が信繁を戦場に引っ張り出そうとしているのでしょうか?

大蔵卿と家康の難癖がダブルパンチで且元がかわいそうすぎた今回のお話。

真田丸40話のネタバレを含むあらすじや、豊臣家滅亡の引き金となった方広寺の鐘や周辺施設についても調べてみました!

Sponsored Link

真田丸40話のあらすじ

sanadamaru40-2

※ネタバレしてます!

九度山で平和な幽閉生活を送る信繁(堺雅人)のもとに、元宇喜多秀家家臣 明石全登(小林顕作)が現れ、家康を倒す戦に参加してほしいと言いました。

全登の後についていくと、そこには片桐且元の姿がありました。

徳川家と豊臣家の間で、今にも戦が始まりそうだと言い出した且元は、事の発端を話し始めます。

方広寺の大仏殿を、家康に薦められて開眼供養することにした秀頼。

鐘に刻む文言を南禅寺の清韓(せいかん)という僧侶に依頼し、その文言が出来上がってくると、家康は突然それに対し難癖をつけ始めました。

「これではだめだ、徳川に対する呪詛が入っている」

漢詩漢文に通じた高名な僧侶である清韓に対して難癖をつけた家康に、且元は困り果てて茶々を頼ります。

すると茶々は「駿府に行って家康に直訴しなさい」と言いました。

且元は駿府に足を運びましたが、どんなに且元が粘っても家康は彼に直接会おうとはしません。

大阪城に帰る途中に大蔵卿局に遭遇した且元。

自分は一か月かけても目通りがかなわなかった家康に、大蔵卿は会ってきたと言います。

大蔵卿は且元をさげすむ言葉を投げつけました。

且元は大阪に戻ってから秀頼と茶々と大蔵卿に責められ、使えないとどやされ、家康の手下になりたいがために策を弄したとまで言われてしまいます。

その場を収めるためにひたすら頭を下げた且元を見て、秀頼の家臣の一部が且元は裏切り者だと思い込みました。

その家臣が自分の暗殺をもくろんでいることに気づいた且元は、いち早く大阪城を去りました。

すると、家康は中継役の且元が秀頼の元を去ったのは、家康と秀頼の決別の証拠とばかりに大阪攻めを企み始めます。

且元の信繁に対する頼みは、秀吉に対する忠義心が誰よりも強い信繁に、大阪で兵を率いて家康を迎え撃ってほしいというものでした。

しかし信繁は、三つの理由をあげてそれを断ります。

・大軍を率いて戦った経験がない

・囚われの身である

・そもそも戦が好きではない

且元が帰っていくと、縁側に座って思い悩む信繁のそばにきりがやってきました。

「今の方、宇喜多秀家様の家臣だった人では?」

信繁がきりに事の次第を伝えると、大阪に行きなさいときりは促しました。

きりの歯に衣着せむ物言いに信繁は立ち上がりますが、結局大阪に行く決心はつきません。

一人残された縁側で信繁は、今までに自分が出会い、別れて行った多くの大切な人達の顔を思い出し、彼らが信繁に投げかけた言葉を一つ一つ思い出します。

最後に耳に残ったのは、父昌幸の言葉でした。

「いずれ豊臣と徳川はぶつかる。その時、お前はここを抜け出して、豊臣につけ」

信繁は、心を決めました。

それから信繁は、大助にくじをひかせて、新しく名乗る名を選ばせます。

大助が壺から取り出した紙に書かれていた文字は「村」

信繁は新しい名のうち一文字は父昌幸からもらう「幸」の字にして、もう一つの文字を「村」としました。

真田左衛門佐幸村の誕生です。

感想や視聴率!

sanadamaru40-3

幸村の由来 解釈の1つとして、スッと受け入れられました。諸説あると思いますが、「村」の由来は、徳川家康を呪う妖刀「村正」からとったとも言われてます。
大坂城に入場の際、秀頼から、村正を賜ったりすると胸熱ですね!!

確かに!それならムネアツですね!

筆者としてはいつになったらきりが信繁の側室となるのか、そればかりが気になります!

きりもずいぶん年を取ったはずなので、史実に沿うならば、そろそろ幸せになってもいいのではないでしょうか!?

あまりにきりが報われないので、だんだん可哀そうになって来ました!

真田丸40話の視聴率は15%でした!

方広寺の鐘とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

徳川家康が豊臣家をあおって滅亡に追い込むきっかけとなった方広寺の鐘。

「国家安康」「君臣豊楽」の二文字は、高さ4.2メートルの大きな梵鐘に刻まれ、遠くからでもそれとわかるように白く縁取りされています。

sanadamaru40-5

徳川家と豊臣家の争いを起こした鐘として、有名すぎるこの鐘は国家の重要文化財に指定され、京都観光の名所に囲まれた場所にあります。

方広寺

住所:京都市東山区正面通大和大路東入る茶屋町527-2

拝観時間:午前9時~午後4時

本堂拝観料:200円(境内は無料)

アクセス:京都駅よりバス約9分(市バス100系統・206系統・208系統)「博物館三十三間堂前」バス停下車徒歩3分

方広寺の周辺には、京都国立博物館・豊国神社・三十三間堂・清水寺などの人気観光スポットがあります。

方広寺のすぐ南に位置する豊国神社は、亡くなった豊臣秀吉を神としてまつるために作られた神社で、国宝に認定されています。

北のほうに足を延ばせば、京都観光の名所・清水寺もあり、旅行者にとっては王道のルートと言えますね!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする