Spotify(スポティファイ)の日本での登録や使い方!邦楽も聴ける?

spotify1

世界最大級の音楽ストリーミングサービスがついに日本上陸するということで、業界全体がざわついてますね!

Spotify(スポティファイ)って何?スポッチャの親戚的な感じ?

そんなこと言ってたら社内の若いモンに鼻で笑われちゃうかも!?

今のうちに新情報をサクっとチェックしましょう!スポティファイの登録方法やほかの音楽配信サービスとの違いについても検証します!

Sponsored Link

Spotify(スポティファイ)とは?

spotify2

無料で最新の曲が何曲も聞ける世界最大級の音楽ストリーミングサービスというのがこのスポティファイ。

世界に1億人を超えるユーザーを抱え、サービスが開始されたのは2006年の夏、スウェーデンが発祥でした。

創業から一年半で800万人のユーザーをヨーロッパで獲得したスポティファイは、2011年には音楽大国アメリカに進出し、2016年2月の時点で世界59か国に進出し、音楽ストリーミングサービスとしては最大数のユーザーを獲得しています!

日本は第60か国目ということになりますね。

スポティファイでは約40000曲の音楽カタログが毎日更新され、ユーザーの再生した音楽をもとにおすすめのリストをアップしてくれるという機能が毎週月曜日に更新されます。

そして、チャットワークしかり、写真ACしかり、どんなネット上のサービスにも存在する、無料版と有料版というものも存在します。

無料版はSpotify free、有料版はSpotify premium(月額980円)。

ではまず、無料版のデメリットから確認してみましょう!

・3~4曲ごとに広告が入る

・スマホで楽曲を再生した場合、曲はアーティスト・アルバム・プレイリスト単位でのシャッフル再生になる

・PC・タブレット・ゲームコンソールの場合は全楽曲を30日間、15時間までオンデマンドが可能、しかしそれ以降はシャッフル再生となる

つまり、無料版を使用する際には、ちょくちょく広告を聞かされるハメになり、シャッフル再生なので聞きたくない曲が挟まってしまうという難点があるのです。

シャッフル再生、何とかならないの?

という要望に応えるためか、1時間に6曲まではスキップが可能です。

では、有料版はどんな感じなのでしょう??

・広告なし

・オフラインでの再生が可能

・シャッフル再生なしで、好きな時に好きな曲を選ぶことができる

素晴らしいですね!

無料版はデメリットばかりをつらつらと上げてしまいましたが、毎週月曜日にユーザーの趣味趣向を分析したうえで作ってくれるオススメリストなど、自分のために音楽をカスタマイズしてくれるサービスなどは、有料版と変わらず充実しています!

登録方法は?

spotify3

スポティファイは2016年10月2日現在、エントリーを受付中の状態です。

エントリー方法を解説していきます。

1、(https://www.spotify.com/)にアクセスし、白い部分にEメールアドレスを入力し、招待コードをリクエストというボタンをクリック。

spotify4

2、ひたすらスポティファイからの招待を待つ。

※現在招待コードを依頼すると、コードが届くのはだいたい10月末になるようです。

spotify5

3、スポティファイから招待コードが届いたら、招待コード入力画面に進む。

spotify6

フェイスブックアカウントを持っている人が、招待コードの入力の際アカウントを登録しておくと、フェイスブック上に今ユーザーがなんの曲を聴いているのかが表示されるようです。

「あんまり自分が何を聞いているのか知られたくない」

というタイプでなければ、アカウントと紐づけても楽しいかもしれませんね。

ずっと連絡が途絶えていた人から、「お?スポティファイ始めたの?この曲もいいよ」なんて連絡が来たりして……。

※フェイスブック上に聞いている曲が表示されるという機能に関しては、表示されないようにするというオプションも選べます。

使い方をチェック!

1、メールアドレスまたはフェイスブックアカウントからサインアップし、ブラウズ画面から聞きたい曲のジャンルをチェック。

spotify7

2、フェイスブックでサインインすると、友達が作ったプレイリストをチェックすることもできます。

spotify7

設定画面はこんな感じです。

検索……自分でアーティストを探す。

ブラウズ……ブラウジング画面に戻る。

ディスカバー……スポティファイがオススメ曲を表示。

設定……音質(3段階)やフェイスブックに自分の再生曲などを公開するかの設定など。

画面が大きめなアンドロイドやipadなら使用しやすいかもしれませんが、画面が小さめなスマホだとちょっと使いづらいという声も上がりそうですね……。

他のサービスとどう違うの?

定額制の音楽配信サービスといえばAppleMusicですよね。

AppleMusicは2016年の6月末にサービスを開始し、開始から5週間でユーザー数を1100万人以上に広げた実績を持っています。

ちなみにAppleMusicの料金プランは月額980円の通常プラン(3か月の無料お試しあり)と月額1480円のファミリープランです。

無料版がないというところはスポティファイとの決定的な違いになるんですね!

両者を比較してみましょう!

Spotify(スポティファイ) AppleMusic(アップルミュージック)
楽曲数 約40000曲

邦楽数(不明)

約30000曲

邦楽数(数百万曲)

月額料金 Spotify free(無料版)

Spotify premium(月額980円)

通常980円

ファミリープラン1480円

対応デバイス iOS、watch OS、Mac、Windows PC、Android iOS、watch OS、Mac、Windows PC、Android(今秋予定)

スポティファイで聞くことができる邦楽の楽曲数はアップルほどではないというイメージですが、詳細な楽曲数はどちらも発表していないようですね!

ちなみに、発表されている国内アーティストはこんな感じです。

・坂本龍一

・東京事変

・ONE OK ROCK

・初音ミク

・ミッシェル・ガン・エレファントなどなど……。

ちなみに、世界中から愛されている歌姫テイラースウィフトは、スポティファイから自分の楽曲を全削除したそうです。

spotify8

「音楽は、無料であるべきではない」

テイラーに一票!

クリエイターは大道芸人ではないですよね。無料で聞かれてしまったら、ごはん食べていけません。

世界中から愛されている歌姫のこの行動、大物アーティストが次々にテイラーに続けば、スポティファイは姿勢を変える可能性があるかもしれません……。

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする