おんな城主直虎12話!新野左馬助の生涯は?墓や子孫も調査!


出典元:http://www.nhk.or.jp/naotora/cast/detail/niinosamanosuke.html

11話の副題は「さらば愛しき人」でしたね。

直親とわずかなお供が今川の家臣に取り囲まれたところで前回のお話は終わってしまいました。

おんな城主直虎12話では、残された井伊家の男子である虎松の命を今川から守るため、新野左馬助が奔走するようです!

元は今川の家臣で、井伊家の目付役だった新野左馬助とはどんな人物だったのでしょう??

Sponsored Link

おんな城主直虎12話!


出典元:https://www.instagram.com/p/BRiXFrOBaiO/?taken-by=nhk_taiga_naotora

おんな城主直虎の公式インスタに珍しい二人の写真がアップされていました!

親の代から仇で、因縁の二人ですが、この二人が並ぶショットは見納めということになってしまいますね!

おんな城主直虎の12話では、直親(三浦春馬)が今川家に申し開きに向かう途中、今川の家臣に襲われて命を落としてしまいます。

徳川家康(松平元康)と井伊が内通しようとした証拠を手にした今川家は井伊直親だけでなく、その息子の虎松の命も狙うのですが……。

※放送後の追記です!

今川氏真より、直親の嫡男虎松の首を差し出すよう下知が下ります。

新野左馬助が一人、駿府に命乞いに向かいました。

「こたびの不届き、目付けであるそれがしの手落ちにござりまする」

新野は自分の命を差し出す代わりに虎松の命だけは助けてほしいと懇願します。

すると今川氏真は言いました。

「そなたの老いた首などいらぬ。わしの欲しい首を取ってこい」

井伊谷の井伊直平・中野直由たちが戦に出ることになりました。

戦の前の宴に、次郎が呼ばれ、酒を差し出されます。

今川が虎松の命を助ける条件として出したのは、井伊谷の男たちが今川のために戦に出ることでした。

直平も、中野と新野も、今川のための戦に出陣して命を落としました。

男たちが姿を消した井伊谷に、小野政次(高橋一生)が戻ってきました。

今川氏真が、小野政次を虎松の後見人にという下知を下したことを千賀(財前直見)に告げると、千賀は龍潭寺に走ります。

「もう、和尚様に後見人になってもらうしかありません!」

しかし、南渓和尚は「後見人には次郎法師を」と言います。

次郎法師は自分が災厄を招くだけの存在だと自分を責めていましたが、南渓和尚の言葉で考えを変えました。

直親と夫婦約束をした時に作った着物に袖を通し、次郎法師は還俗することを決めます。

小野や今川から手配された目付け役が見守る中、南渓和尚が虎松の後見人となる直虎を紹介しました。

現れたのは還俗し女城主となった直虎(おとわ)でした。

「我が井伊直虎である。これより井伊は、我が収めるところとなる」

感想や視聴率!

今回のお話でからっぽになってしまった井伊谷が、どんな風に持ち直していくんでしょうか??

これ以上絶望的なシーンはもう見たくないです!!

おんな城主直虎12話の視聴率は12.9%でした!

Sponsored Link

新野左馬助の生涯は?


出典元:http://machi.jpubb.com/press/658398/

おんな城主直虎で井伊直政を助ける重要な役割をはたす新野左馬助は、今川家の一族である新野家に生まれた今川義元の親族でした。

左馬助は今川家が勢力を伸ばして井伊家を傘下に従えた時、井伊家の目付役に命じられています。

左馬助の妹は井伊直盛に嫁いだ千賀で、劇中では財前直見さんが演じていますね!

井伊家と今川家の間を取り持っていた左馬助は、直親が家康と内通しているという疑いをかけられたときも駿府に出向いて申し開きをしています。

しかし、直親が申し開きのため駿府に向かうと、道の途中で今川家の家臣に襲われて命を落としてしまいました。

その後、直親の息子・虎松誅殺の命令を今川氏真が出すと、左馬助は自分の命に代えてでも助けてほしいと氏真に嘆願します。

左馬助の嘆願によって命を取り留めた虎松は当時2歳。

次郎法師は井伊家断絶の危機を救うために井伊直虎と名乗り、女領主になります。

その後新野左馬助は直虎を助け、虎松を新野の屋敷で養育し、その後も今川のために尽くしました。

そして1564年、今川家に謀反を起こした飯尾連龍を討つための引馬城攻めで、今川方として戦い、討ち死にしています。

墓や子孫も調査!


出典元:http://hamamatsusayaka.hamazo.tv/e7012188.html

後に徳川四天王となる井伊直政を養育し、井伊家のお家断絶の危機を救った人物として知られている新野左馬助の墓は、静岡県御前崎市新野にあります!

小山の上にたたずむという左馬武神社(さまたけじんじゃ)の番地は不明でしたが、近くにあるという新野左馬助公展示館の住所は公表されていました!


出典元:http://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/shakyo/kanko/bunka/niinosamanosukenosato.html

新野左馬助公展示館

住所:静岡県御前崎市新野1650番地

電話番号:0537-86-3210

開館時間:午前10時から午後4時まで

休館日:毎週月曜日・年末年始

新野左馬助には、甚五郎という息子がいましたが、豊臣秀吉の小田原討伐の時に戦死してしまいます。

新野家の血は途絶えてしまいましたが、のちに井伊直中の十男が新野氏の子孫である木俣守易の養子となって新野親良を名乗り、新野氏を再興しています。

井伊家は一度新野左馬助に救ってもらった恩を忘れていなかったんですね!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする