おんな城主直虎11話!井伊直親と小野政次の関係はどうなる?最期は?


出典元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story11/

大河ドラマを見てると、自分は今の時代に生まれてよかったなーってつくづく思います。

お上を裏切ったらリアルに打ち首って嫌な世の中ですよね!

妻子を人質にするという交渉方法も見ててげんなりします。

おんな城主直虎11話のネタバレを含むあらすじや、井伊直親と小野政次の最期についても調べてみました!

Sponsored Link

おんな城主直虎11話のあらすじ


出典元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story11/

※ネタバレしてます!

今川氏真に自害を命じられた瀬名(菜々緒)が、連れていかれます。

すがりつく次郎(柴咲コウ)が投げ飛ばされ、騒然とした今川屋敷の前に、早馬に乗った石川数正が現れました。

鵜殿長照の忘れ形見(妻子)と瀬名・竹千代・亀姫を交換する。

石川数正の言葉で、瀬名とその子供たちは一命を取り留めました。

佐名は、竹千代たちの寝顔を見ながら、涙を流しました。

「覚えていますか?あなたは今川を手に入れると言っておったのですよ。私は、大層うれしかった……あなたが岡崎に行けば私たちは敵になります。でも、今度こそ、今川を手に入れなさい」

佐名はそののち、娘婿・松平元康謀反のかどで自害に追い込まれました。

松平元康の使いと名乗る男が、井伊直親に文と礼の品を持ってきました。

文の内容は直親を鷹狩に誘うものでした。

直親は政次に文を見せて相談します。

「今川と共倒れになるのはごめんじゃ。誘いに乗ろうかと思う」

政次もそれに同意し、直親は松平元康と鷹狩に出かけました。

井戸を囲んで、直親は政次に感状を見せていました。

「元康様はどんな男であった?」

「年の割に貫禄があり、手に刀傷があった」

それから直親は、『今川の元を脱した後に次郎をすぐ還俗させる』と言い出します。

次郎の嫁入り先について話していると、次郎本人が井戸の側に現れました。

三人が久しぶりに思い出の場所に集まったので、直親が思い出したように言いました。

「そういえば、井戸に落ちたご初代様はどうして助かったのか、和尚様に聞けぬままだったな」

「あれは…‥どれも正解らしいぞ。答えは一つとは限らぬのじゃ」

次郎の物言いに、鶴と亀は笑い出します。

政次が今川屋敷に呼び出されました。

同じころ、龍潭寺にある男が訪れます。

「松平元康様からお礼の品を届けに参りました」

その男こそ、本物の松平の使者だと言うのです。

政次は寿桂尼に問い詰められていました。

「井伊が松平と内通しているという噂を耳にしてな」

寿桂尼は直親の書いた書状を突きつけ、偽の松平元康を演じた手に刀傷のある男を目の当たりにし、言葉を失います。

「答えを選ばれよ」

「……選ぶ余地などございませぬ」

南渓和尚と次郎法師は松平元康に助力を求め、岡崎へ発ちました。

直親は駿府に呼び出され、次郎は岡崎城に到着しました。

そこで使いの者から、驚くべき言葉を聞かされます。

「今、松平に井伊を助ける余力はないと……瀬名様たちは捨て置かれるはずでございました」

三河の出の者たちが、今川の出の妻子など捨て置けと元康に進言していたことを知らされます。

井伊谷に今川の軍が迫っているという知らせを受けた直親は、ついに心を決めて駿府へ向かうことを決めます。

直親は出立の朝、おとわを井戸の側に呼び出しました。

「約束を守れずすまなかった。よき日々が続くように、と約束したのに」

「なぜ直親が謝る。悪いのは私ではないか。私が命乞いなどせねば目をつけられることもなかった……我が男子に生まれておれば、明日、駿府に参るのは我であったはずじゃ!」

「それは困る。もし……おとわがおなごでなければ、俺のたった一つの美しい思い出がなくなってしまう」

戻ってきたら、一緒になってくれ。

直親は次郎を抱きしめて言いました。

「返事は?」

「……心得た」

誰もが、直親が生きて戻ってくるとは思っていませんでした。

感想や視聴率


出典元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story11/

怖かったなあ!寿桂尼さま… 真偽を問いただすのではなく、選ばせるんだもんなぁ。 そしてまた、どんだけ試されるんだ?政次。かわいそすぎる(涙)

政次が父の言葉を回想するシーンが切なかったですね……。

おんな城主直虎11話の視聴率は13.7%でした!

Sponsored Link

井伊直親や小野政次の関係は?最期は?


出典元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story11/

井伊直親と小野政次は、父の代から続く因縁の関係です。

史実によると、井伊の当主だった井伊直盛に男児が授からなかったことで、直盛は親族の中でも気に入っていた亀之丞(のちの直親)を直虎の許嫁に決めました。

しかしそれを気に入らなかった小野直政が、今川の目付けという立場を利用して「直満が謀反を企てている」と今川に告げ口し、直満は打ち首となってしまいます。

幼少期の亀之丞はそのせいで10年以上今川に命を狙われ逃亡することになってしまいました。

父の仇である小野直政の病死によって亀之丞(直親)が井伊谷に戻ってくると、元服して直盛の養子になります。

桶狭間の戦いで直盛が亡くなった後は井伊家の当主になった直親。

松平元康が勢力を伸ばしたことで今川の名が地に落ちたと読んだ直親は、松平元康と密約を交わします。

しかし小野政次はそれを今川に密告し、井伊直親は父と同じように謀反のかどで今川に命を奪われてしまうのです。

親子ともども謀反のかどで今川に殺されてしまうなんて、しかもそれを密告した男が親子だなんて、数奇というか、奇妙な運命ですね……。


出典元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story11/

その後井伊の領地を横領した小野政次は、徳川家康(松平元康)の手によって捕縛され、殺されてしまいます。

劇中では鶴(政次)は次郎(井伊直虎)に思いをよせる青年としても描かれていますが、史実では井伊を乗っ取ろうとたくらむ人間として描かれているようですね。

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする