おんな城主直虎4話!若侍役は稲葉友!高校時代に飲酒疑惑?


出典元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story04/

花粉、もう飛んでますよね?

この時代は花粉症なんてなかったんだろうな……。

おんな城主直虎のおとわちゃんが、ついに出家しました!

今回は親の仇を取ろうとして井伊谷を訪れた若侍を演じている俳優さんが気になったのでその辺についても調べてみました!

Sponsored Link

おんな城主直虎4話のあらすじ


出典元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story04/

※ネタバレしてます!

おとわ(新井美羽)は無事に井伊谷に戻れることになりました。

「井伊は良いのー!」

縁側で伸びをしているおとわの元に、鶴丸(小林颯)がやってきました。

「鶴!大爺様に川名に連れ去られたのでは?」

おとわが帰ってくるので取り換えっこしてもらえた、鶴丸はそう言って笑いました。

鶴丸はおとわが出家することを聞いて心配します。

「一度出家したら亀が戻ってきても夫婦にはなれないのでは?」

どうやらおとわはそこまで考えていなかったようです。

井伊家の家督について父たちが話し合っていると南渓和尚(小林薫)が「とわを寺に引き取りたい」と言い出します。

しかしおとわは父・直盛(杉本哲太)に突然「やはり出家はしたくない」と言い出します。

「おとわの出家は本領安堵と引き換えになっているのだ」

本領安堵の意味をわかりやすく説明すると、おとわは肩を落とします。

「そんなあ~」

千賀(財前直見)はおとわの手を握って言いました。

「おとわ、母はあなたを誇りに思います。おのれの身を挺し、井伊を救うなど誰にもできることではありません。

そなたのような立派な娘はどこにもおりませぬ!まさに、三国一の姫!」

「それほどでも~」

おとわはにっこり微笑んでまんざらでもないようです。

鶴丸は父・小野和泉守(吹越満)が駿府から帰ると、父に申し出ました。

「今後もかようなことがおこらぬとも限りませぬ。この次は、伊之助、母上、妹たちにもことがおよぶやもしれませぬ。

これ以上井伊の目の仇にされるようなことはどうかおやめくださいませ」

「父も困っておるのじゃ、井伊の方々にあらぬ疑いをかけられ……まったく、どうしたものじゃろうのう」

鶴丸はこの期に及んで父が真実を話さないことに、怒りを募らせているようです。

おとわの得度式が行われました。

「これより、そなたの名を、二郎法師とする」

「二郎法師?」

「二郎は、井伊の家督を継ぐ者の幼名じゃ。そなたの父も二郎という名じゃった。そなたはかつて、井伊の総領娘じゃった、おなごにこそあれ二郎、二郎法師じゃ。男の名は嫌か?」

「いや、そもそもわれが男なら、亀はあのような目に会わなかったのではないかと」

龍潭寺に赴いたおとわは、門に立ちはだかる昊天(小松和重)傑山(市原隼人)の態度が、今までの優しいものと明らかに変わっていることに驚きます。

二人の間をすっと通り抜けたおとわを、傑山は軽々と持ち上げ、あろうことか門の外に投げ飛ばしました。

「ここで入門を乞うて許されなければ、入門は許されませぬ」

「ええ?」

姫として扱われてきたおとわには「乞う」の意味がわからず、再び門を潜り抜けますが、傑山につかまってしまいます。

通り抜けては門外に投げ飛ばされるを繰り返し、やっと門をくぐることを許されます。

寺での生活は、姫としての暮らしとは全く違うものでした。

言葉遣いを直され、掃除し、畑を耕し、今までにないほどの粗食を目の前にしたおとわは家に逃げ帰ります。

しかし千賀は、心を鬼にしておとわを追い返します。

後日、直満の墓に酒をかけていた直平のもとに、若侍(稲葉友)が現れました。

今川からの文を持った使者が井伊に現れます。

そこには「直満の所領を小野和泉守に」と書かれていました。

直盛の家臣たちは口々に小野を責めますが、確かな証拠がないためその下知を無視するわけには行きません。

小野は直盛に「直満殿の家臣に暇を出してください」と告げて屋敷を出ていきました。

そこへ、上機嫌な直平が入ってきました。

「親の仇を取ろうとする若者に出会ったぞ!その仇とは、小野じゃ!」

直満の墓に現れた若侍は、直満の密書を運ぶ際、小野の手先に殺された北条の使者の息子だったのです。

一方おとわは、少なすぎる食事にケチをつけていました。

すると南渓和尚が言いました。

「そこまで言うならもらいに行けばいいではないか」

南渓は托鉢という方法がある。とだけ言って、おとわに椀を持たせたのです。

しかし、村に降りてもそうやすやすと食べ物は手に入りません。

空腹に耐えかねたおとわは畑の株を盗み、井戸端で泥付きの株にかじりつきます。

「おとわ、こんなところで何を?」

鶴丸でした。

「おとわ、おぬしもしや」

「もう嫌じゃ、出家などもういやじゃああ」

おとわは泣き出します。

鶴丸に事の次第を話すと、鶴丸はあきれたようでした。

「阿呆じゃのう、相変わらず」

「こんなことなら、鶴と夫婦約束をしていたほうがよかった。もう、約束も果たせぬし」

おとわは亀之丞とかわした約束について語り始めます。

「我は亀の竜宮小僧になると約束したのじゃ。亀は体が強くない故。でも、それももうできぬ」

「己でまいた種じゃろうが、それに、妻としてではなく、僧として竜宮小僧になればよいのでは?」

妻よりも僧のほうが、領主を助けられる事が多い。

おとわは新たな発見ができたとばかりに微笑みます。

南渓和尚が待つ寺に駆け戻ったおとわは宣言します。

「我は竜宮小僧になる!でも、竜宮小僧になるにはどうすればよいのじゃ?」

「竜宮小僧のようにふるまえばよいのでは?」

おとわはまた名案を思い付いたようで、村人を助けるために村に降りていきます。

直盛は寺に行き、傑山を貸してほしいと申し出ました。

夜、小野和泉守の前に若侍が現れ、刀を振りかざしました。

「小野和泉守!覚悟!」

傑山が飛び出し、若侍を取り押さえます。

「大事ないか和泉?」

直盛が姿を現します。

「どのような噂を聞きつけたか知らぬが、和泉守におぬしの恨みを買ういわれはない」

直盛は和泉と若侍の間に立ちはだかります。

若侍を追い払った後、直盛は和泉守に向き合いました。

「和泉……直満の所領、半分はあきらめよ」

「でも、それでは今太守様のお下知に」

「あの男がわしの心だということがまだわからぬか!あくまでというならば、もう容赦はせぬ」

直盛は刀を抜き、和泉守の喉元に突きつけます。

翌朝、家臣になぜ和泉守の命を助けたか聞かれると、直盛は花を活けながら答えました。

「わしは小心者じゃからのう……鶴から、父を奪いたくなかった」

「殿の花は、お優しゅうございますな」

寺に、瀬名姫から文が届きました。

そこには、おとわのやり方をまねて、竜王丸の妻の座を射止めたと書かれています。

おとわは早速返事を書きました。

「今川の妻となった暁には、井伊をよしなに……」

そして亀之丞の生死がわからぬまま、9年の月日が過ぎていきます……。

感想や視聴率!


出典元:http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story04/

直虎つまらないって話が出てるけど俺は好きだな。本来大河ドラマってこんな感じじゃなかった?真田丸は特別過ぎたと思うよ

真田丸が盛り上がりすぎたと言うか、三谷幸喜ファンと堺雅人ファンが盛り上がりすぎた感じがしますよね。

僕も直虎は普通に面白いと思います。

おんな城主直虎4話の視聴率は16%でした!

Sponsored Link

若侍役は稲葉友!高校時代に飲酒疑惑!?


出典元:https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2016075300SC000/?spg=P201600144300000

ゲスト出演でチョイ役でしたが、直盛のやさしさがわかる重要なシーンに登場していましたね!

この若侍を演じたのは仮面ライダードライブで仮面ライダー2号を演じた稲葉友さんです!


出典元:http://gensun.org/wid/2241406

名前:稲葉 友(いなば ゆう)

生年月日:1993年1月12日(24歳)

出身地:神奈川県相模原市

血液型:A型

サイズ:身長・175cm

所属事務所:レブロンエンターテイメント

2009年11月に、ジュノンスーパーボーイコンテストでグランプリを受賞して芸能界入りしたという稲葉友君。

翌年にはクローンベイビーで俳優デビューし、2011年には舞台「真田十勇士〜ボクらが守りたかったもの〜」で主役に抜擢されています!

ジュノンスーパーボーイコンテストというと、歴代グランプリには小池徹平さんや袴田吉彦さん、柏原崇さんなどがいますよね!

やはりグランプリを取ると大きな仕事が次々に舞い込んでくるのでしょうか??

鳴り物入りで芸能界に入った稲葉さんですが、実は高校時代に飲酒していたのではないかという疑惑があるようです。

「14時に起床し、お笑いライブを鑑賞しながら飲酒。
ライブ終了後に居酒屋へ連れて行ってもらい飲酒。
終電がなくなった頃に帰宅し、朝4時半に就寝」

こちらは元祖若者のSNSと言われている伝説の「前略プロフィール」内に書かれた稲葉さんの日記だそうです。

前略プロフィールって黒歴史の宝庫という異名があるみたいですね。

面白そうなので覗こうと思ったら、既にサービスは終了していました!残念!

高校生で飲酒って、大っぴらに言っちゃダメですよね……。

最近の若い人たちは大人になってからの事を考えずにSNSにいろいろアップしちゃってて、大丈夫か??

なんて余計なお世話で心配になります。

ま、しょせん他人事ですけどね!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする