真田丸45話!お寸役の大西礼芳のプロフィールは?金爆との関係も!

sanadamaru45-1

今回の真田丸では父が幼いころ振りかざした六文銭の旗を息子の大助が振りかざし、昔と同じように敵をあおることに成功した姿が、なかなか見ものだったと思います!

久しぶりにきりやおこうも登場して、女たちにとっての戦も描かれていましたね!

茶々も鎧に身を包んで陣中見舞いをしていましたが、次週はその茶々と侍女たちが大変な目に会うようです!

茶々の侍女として初登場したお寸演じる大西礼芳さんについても調べてみました!

Sponsored Link

真田丸45話のあらすじ

sanadamaru45-2

※ネタバレしてます!

徳川勢の襲来を前に、豊臣の方針は籠城と決まりました。

幸村(堺雅人)は城の南側に出城を築き、真田丸と名付けます。

慶長19年11月19日

深夜、明石全登(小林顕作)の軍が守る木津川口が、徳川軍によって急襲に会い、徳川の手に渡りました。

11月26日未明

今福の砦に徳川の軍が攻め込んできました。

後藤又兵衛(哀川翔)と木村長門守(白石隼也)が今福砦に向かい、戦が始まります。

8000近くに膨らんだ兵を前に、豊臣の軍はなすすべもなく退陣を余儀なくされました。

徳川の布陣から、徳川勢が南に力を入れていることは明らかでした。

毛利勝永(岡本健一)は、「城内の情報が洩れているのでは」と幸村に進言します。

幸村は厨に有楽斎(井上順)を連れ立ってきました。

「実は、さすがの私も、今度ばかりは不安で勝つ自信がありません。博労淵は、今攻め込まれたら、あっという間に奪われてしまいます」

「弱気は禁物ですぞ左衛門佐、心配はご無用」

直後、博労淵が敵方に落ちたとの知らせが入ります。

「やはり、あの男か」

幸村は有楽斎の裏切りに気づきます。

真田信之(大泉洋)のもとに、福島正則が現れました。

福島正則は秀頼に兵糧を送ったことが露見し、大阪の陣に参加することを禁じられていました。

「伊豆守殿、兵糧を調達しようと思う」

「それは大御所様もさぞかしおよろこびに……まさか」

「われらが兵糧を送るのは、大阪じゃ」

信之は大阪に兵糧を送る手助けをしてほしいという福島正則の申し出を断ります。

「そのようなこと、断じてなりませぬ!敵に兵糧を送るなど、もってのほかでございます。稲は決して許しませぬ!」

稲(吉田羊)に相談しても取り付く島もなく、肩を落として部屋を出て行った信之。

すれ違いざまにおこうが声をかけました。

「蔵に行って調べてまいりました。千人で食べても、一月以上はもつ量があります」

大阪城では、幸村が春に言い含めていました。

「戦が始まったら決して城の外に出てはならぬ」

「戦に勝ったら豊臣の世が始まるのですか?」

「徳川の支配が覆ることはないだろう。おそらく秀頼公は大名として生き残る」

二人の会話を盗み聞いていたきり(長澤まさみ)の背後から、茶々(竹内結子)が現れました。

「明日より私の侍女になりなさい」

「はあ?」

徳川の陣では、真田丸をつぶす策を立てていました。

「真田丸は高台にある。こちらからは攻めにくく、あちらからは一斉に打ちかけられる」

「えらいものを作ってくれましたなあ、真田左衛門佐」

真田丸の櫓から下を見下ろす幸村。

その目に、上杉の旗が映ります。

上杉景勝が徳川家康の前に呼び出されました。

「真田丸を、落とせ」

真田と闘うことで、徳川への忠義をしめせ。家康はそう言いました。

秀頼が陣に出向きたいと申し出ると、総大将は城内にいるべきだと皆が止めます。

すると話を聞いていた茶々が「私がまいりましょう、鎧を用意しなさい」と言い出します。

真田信吉の陣に、真田丸を攻めよとの命が下りました。

三十郎は佐助を呼び、文を託します。

「明日、前田勢に仕掛けます」

文を受け取った幸村は秀頼に初陣を報告し、準備に取り掛かります。

毛利の軍は天神橋口に、明石の軍は玉造口に。

後藤、木村、長曾我部は真田丸に。

夜明けとともに大助が六文銭の旗を振りかざし、高砂の歌を歌い始めます!

その挑発に乗った前田勢は笹山に入りました。

その様子を見た幸村は真田丸でみなをたきつけます。

「鉄砲組!持ち場につけ!」

真田丸の中で空砲を挙げると、前田勢は豊臣の軍が仲間割れを起こしたと思い込み、空堀に向かって前進します!

後ろからは井伊の軍も迫り、前田軍は進むしかありません。

空堀を超えた兵士たちめがけて、鉄砲隊が火を噴きます!

戦いは、真田勢有利に進むかと思われました。

しかし、敵が次々に侵入します。

幸村も剣をとり、侵入した敵なぎ倒していきます。

徳川の兵士たちが退却を始めると幸村は馬に乗り、前線に飛び出してなぎなたを振りかざします!

戦場には徳川の軍の屍が積み重ねられていきました。

真田丸に戻った幸村を待っていた者たちは、その姿を見て勝どきをあげました。

木村長門守が陣の奥に腰掛けた幸村を憧れのまなざしで見つめます。

「秀頼公に、勝利をお伝えしにまいります……お見事でござった。天下の名将真田左衛門佐のご采配、おのが目で見ることができ、これほどうれしいことはありません」

長門守をそばに呼び寄せた幸村は小声で言いました。

「これから話すこと、決して人にはもらすな。実はかような大戦、私も初めてなのだ。心の臓が、口から飛び出そうであった」

感想や視聴率

sanadamaru45-3

陣の中を颯爽と歩く幸村の姿に、小学校低学年の娘が 「この人、トナカイのルドルフ?」 ……(°Д°) 鼻、赤くないけども。 ツノと赤の連想がなせる技。 終焉に向かってまっしぐらの面々を見ていると 胸が痛くなります。

実物はもうちょっと角が小さかったようですね。トナカイではなく鹿の角を使っていたようです。

稲のパパ、本田忠勝の兜にも鹿の角がついていたようですが、戦国武将の兜っていろんな形があって面白いですね!

真田丸45話の視聴率は15.2%でした!

茶々の侍女役・お寸(大西礼芳)とは?

sanadamaru45-4

名前:大西 礼芳(おおにし あやか)

生年月日:1990年6月29日(26歳)

出身地:三重県伊勢市

サイズ:身長・160cm

学歴:京都造形芸術大学映画学科俳優コース

特技・資格:日本舞踊/英会話/映像編集/サックス/ピアノ/水泳/剣道/英検2級/書道7段/日商簿記検定2級/全商情報処理検定1級/全商簿記検定1級/全商英語検定1級

45話で初登場した茶々の侍女・お寸を演じた大西礼芳さん。

資格マニアっぽいですね!

ものすごい量の資格をもっているようです!

大西さんは京都造形芸術大学に在学中に映画「MADE IN JAPAN 〜こらッ!~」で主演に抜擢されています!

その後も「俺はまだ本気出してないだけ」や「イニシエーションラブ」、「花子とアン」などの話題作に出演し、演技力と存在感には定評があるようですね!

金爆との関係は?お寸の運命を予想!

sanadamaru45-5

大西礼芳さんの名前を検索窓に入力すると「金爆」や「呪い」という不思議なワードがサブワードとして表示されます。

その理由を調べてみると、金爆(ゴールデンボンバー)の曲「101回目の呪い」という曲のPVで大西さんが主演をしていることがわかりました!

かなり真に迫った演技をされていて話題になったようですが、オフィシャルの動画が見当たりません……あしからず。

ところで、演技派の大西さんが演じる茶々の侍女・お寸の運命が気になりますね。

茶々の居室に徳川軍の砲弾が撃ち込まれ、侍女が亡くなるという事件が史実に残されていますが、やはりその悲劇に見舞われるのはお寸なのでしょうか??

ここにきてきりが茶々の侍女になったのも、何か理由があるのでしょうか??

もしかして、きりがその砲弾に倒れたりして!?

さすがにそれはないでしょうね、次回も見逃せません!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする