ドクターX第4弾4話!四葉姉妹の美音役小林きな子の体重や結婚は?

doctorX4-1

四葉姉妹って叶姉妹のパロディなんでしょうか??

今回のお話ではオペ中に執刀医に喧嘩を売ってオペの時間を短縮するといういかにも未知子らしい姿を見せてくれました!

でも、あんなのが部下だったらいやだろうな……。

ドクターX4の4話のネタバレを含むあらすじや、四葉姉妹の妹・美音を演じていた小林きな子さんについて調べてみました!

Sponsored Link

ドクターX第4弾4話のあらすじ

doctorx4-2

※ネタバレしてます!

晶さん(岸辺一徳)に言われて、顔ツボマッサージを行っている未知子(米倉涼子)。

「これ、本当に効くの?」

「四葉姉妹が言ってるんだから、効くに決まってるじゃない」

その後の麻雀で惨敗した未知子は、幸運と美容のマッサージなんて全然効かないと文句を言います。

「四葉姉妹の性格診断がぴったりあたってるわよ。協調性なし、趣味が仕事で男が寄ってこない!」

東帝大学病院に四葉姉妹の妹が入院することになりました。

「くれぐれも内密に」

極秘入院の特患として入院してきたのは四葉美音(小林きな子

噂は瞬く間に広がり、晶さんは四葉姉妹の本を未知子に渡して、「サインをもらってこい」と命令します。

未知子が病室に行くと、そこで待っていたのは、本の表紙にうつる姿からは想像できないほど太った四葉美音でした。

美を売りにしている四葉姉妹の妹である彼女は肥満改善の手術を行うため、東帝大学病院に入院したのでした。

病室で姉の美麗(高岡早紀)に会った未知子は、姉の腹部に異常を見つけます。

院内カンファレンスが開かれました。

四葉美音の治療は、外科手術によって行われる減量手術。

そのために召喚されたのは、原守(鈴木浩介)でした。久保東子(泉ピン子)が口を出します。

「この手術のために私がお呼びしました」

「金沢の病院で腕を磨き、専門性の高い治療を究めました」

腹腔鏡下胃バンディング術。

美音の手術は、胃の入り口をバンドで締めて食事の量を強制的に減らすというものでした。

手術に乗り気ではない美音でしたが、姉の美麗は「美しさを取り戻すため」と美音の背中を押します。

原が手術の準備をしている最中に、美音は病室を抜け出して屋上に逃げ出しました。

美音は屋上の柵を乗り越えて、下をのぞき込みます。

「何してんの?」

ハンバーガーを手にした未知子がそう聞くと、美音は空腹に耐えかね、未知子の手元のハンバーガーに向かって近づいてきました。

「食べる?」

固唾をのんだ美音はなおも我慢して首を横に振りました。

未知子は美音の手を取って、ある事を発見します。

美音の体をMRIに通したところ、脳腫瘍が発見されました。

美音がダイエットしても痩せなかったのは、脳下垂体の腫瘍が原因だったのです。

病名はクッシング病。体幹部に比べ、手足は細いまま。その状態がクッシング病の症状の一つだと未知子は言い放ちます。

美音に病状を話した時、姉の美麗の異変に気付いた未知子は、すぐに検査を受けるよう勧めます。

姉の美麗は大腸がんでした。

「最近ダイエットで痩せたって聞いたけど、本当は大腸がんで痩せたんでしょ」

「どうしてわかったの?」

「健康的に痩せるのが大事って言ってる人が、理想体重を超えてダイエットするなんておかしいと思ったのよ。何もしなかったらあと半年以内に死ぬよ」

「このこと美音にはだまってて」

美麗は、自分が元気なうちに妹を元の美しい姿に戻したいと未知子に言いました。

「ばかみたい、妹のこと思うならアンタが死なないのが一番でしょ」

未知子は美麗に、手術をさせてと頼みます。

「私失敗しないので」

「本当にかわいげないわね、あなた」

「アンタもね」

四葉姉妹は二人ともオペを行うことになりました。

術前カンファレンスで、二人の体に傷をなるべく残さないこと、そして、姉妹の手術を同時刻に行うことが発表されました。

妹は北野が、姉は加地が執刀することに。

妹の手術の助手に指名されたのは原でしたが、未知子の立候補が採用されました。

「美音、がんばってね、起きた時にはそばにいるから」

美麗は妹に病状を悟られないよう気丈にふるまいますが、美音の病室を出たとたんに崩れ落ちます。

「お姉ちゃん、相当悪いんですか?」

「気づいてたんだ」

「妹ですから」

「進行性大腸がんステージⅢ、あんたと同じ時刻に手術する」

「よかった……お姉ちゃんも一緒に戦ってくれるならうれしいから」

「また、元気なお姉ちゃんに会えますよね」

未知子は笑顔を返しました。

美音のオペが始まりました。

未知子は北野の指示には従わず、先へ先へとオペを急ぎます。

一方美麗の大腸がんは癒着が進み、加地と原は苦戦を強いられていました。

北野のペースでは間に合わないと読んだ未知子は、開頭ハーディ複合手術を提案します。

「そんなに急ぐ必要ないだろう」

「アメリカ帰りのスーパードクターが、できないの?ほんとはアンタ劣等生だったんだってね、そのころと何も変わってないんじゃない?できんの?できないの?」

「術式変更!」

美音のオペは予定よりも早く終了しました。

未知子が美音の肩に手を置くと、美麗のオペ室に向かいました。

美麗のオペ室に入った未知子は、術式を開腹に変更し、鮮やかに腫瘍を取り去っていきます。

結局未知子は美麗の腫瘍もすべて取り去り、手術を成功させました。

美音が目を覚ましました。

「お姉ちゃんは?」

「第一声が自分よりお姉ちゃんの心配?」

「美音……」

美音と美麗は二つ並んだベッドに寝かされていました。

「お姉ちゃんの、手術は?」

「言ったでしょ、私、失敗しないって」

加地と原が病室の外で中の様子を見ていました

「デーモンめ、おいしいとこ全部持っていきやがって」

「加地先生、ありがとうございました。やっぱり加地先生は僕の尊敬する先輩です」

「これからどうするんだ?」

「ここに僕の居場所はないので金沢に帰ります」

「金沢はさむいぞ……」

原は泣きながら立ち去り、一人取り残された加地もシクシクと泣きます。

加地が四葉姉妹の病室に入ると、美麗が封筒を差し出しました。

「これ、心づけです」

加地は一度懐にそれをしまおうとして一度考えてから美麗に返します。

「あの、一つお願いがあるんですが……」

「執刀された医師のお名前を教えてくれますか?」

「北野先生とその助手たちということでいいでしょうか?」

「四葉姉妹は、誰よりも原先生に感謝していると言ってますが?」

蛭間院長の部屋で記者たちはマイクを向けていました。

久保東子が蛭間を押しのけて記者の前にしゃしゃり出ます。

「原先生は、金沢から私が呼び寄せた医師でして……」

感想や視聴率!

doctorx4-3

初回は「医者の数が多すぎて、こっちは見切れないよ」「いろんな俳優の無駄遣いになるのでは?」と思っていたが、 一話ごと医者一人に焦点をあてているので、名前や存在を忘れた、なんてことはない。 そこがこちらには面白く、有難い

原先生と加地先生の師弟愛のようなものが面白かったですね!

ドクターX4話の視聴率は21.3%でした!

四葉美音役小林きな子とは?

doctorx4-5

名前:小林 きな子(こばやし きなこ)

生年月日:1977年11月23日(38歳)

出身地:東京都

血液型:A型

サイズ:身長・167cm

所属事務所:大人計画

身長高いんですね!

小林きな子さんは宮藤官九郎さんや阿部サダヲさんの所属する大人計画に所属している女優さんで、ぽっちゃりした体つきと愛らしいルックスから、多くのドラマでわき役として活躍している女優さんです!

のだめカンタービレ」や「ナースのお仕事」、「メイちゃんの執事」などにも出演していて、わき役ながらもかなり印象を残す女優さんだと思います!

30歳前後かと思ったら、38歳だったんですね!

ぽっちゃりしている人って若く見えますよね♪

でも彼女は、役作りのために体重を増やしたり減らしたりすることも仕事のうちとしてシッカリ実行されています!

doctorx4-4

2013年に出演した映画「体脂肪計タニタの社員食堂」では、役作りのために太って、そこから1か月かけて12キロもやせたそうです!

さすが女優ですね!

昨日の様子を見ると、またぽっちゃりしてきたのかと思いますが、身長が167センチあるというのには驚きました!

残念ながらプロフィール欄に体重の表記がないので見た目から予想すると、体重は100kgあるかもしれませんね!

ところで、かわいらしい彼女は、結婚しているのでしょうか?

小林きな子さんの結婚について調べてみましたが……今のところ結婚や、彼氏についてのうわさはないようです!

とはいえお年頃ですからね、もしかしたら表には出さずに大事にしている人がいるかもしれません!

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする