小宮山(河上)京子の結婚した旦那や子供は?現在はゲームを開発!

komiyamakyouko1

ゲームアプリってスキマ時間に何気なく遊んでるものですが、作ってるほうは大変でしょうねぇ……。

10月21日の爆報!THE フライデーには、人気女優からゲームアプリを作成する会社社長へと鮮やかな転身を遂げた小宮山(河上)京子さんが出演するそうです!

あばれはっちゃくをリアルタイムで見ていた世代ならピンとくるでしょうね!

今は会社社長で、超人気ゲームアプリを次々世に生み出すクリエイターとなった小宮山京子さんについて調べてみました!

Sponsored Link

小宮山(河上)京子のプロフィール

komiyamakyouko2

名前:小宮山 京子(こみやま きょうこ)

生年月日:1966年5月29日(50歳)

出身地:東京都中野区

学歴:武蔵野美術大学

職業:元女優/実業家

小宮山京子さんというと、「欽ちゃんファミリー」の一員としての活躍や、テレビ朝日系で6年間も放送されていたドラマ「俺はあばれはっちゃく」での活躍が多くの人の記憶に残っているかと思います!

女優としてはほかにも、水谷豊さん主演の大ヒットドラマ「熱中時代」や、「七人の刑事」にも出演していた京子さん。

注目度の高い作品に出演していた京子さんでしたが、20歳前後の時に、女優を突然引退してしまったそうですね!

なぜ女優を辞めてしまったのかについては明らかにしていないようですが、その後はアパレル業界を経て、現在はゲーム会社の社長をしているそうです!

結婚は?

kawakamikyouko3

京子さんは2014年の2月16日に一般人男性と結婚式を挙げたそうです!

京子さんにとっては二度目の結婚となるようで、お相手はゲームクリエイターの奥田覚さんというこの男性です。

komiyamakyouko4

別アングルからの画像が見当たりませんでした……あしからず。

旦那さんの父親は、奈良県出身の有名な彫刻家の奥田裕さんで、能面や一刀彫りの彫刻を得意とする芸術家だったそうです。

奥田裕さんは2015年に亡くなったそうですが、別れを惜しむファンのために開かれた遺作の個展は大盛況だったのだとか。

京子さんは現在、都内某所でカエルパンダというゲーム会社を経営されているようですが、公式サイトに表記されている社員は社長である京子さんと夫の覚さん二人。

住所に関しても取引先だけに公開するというスタンスのようで、こじんまりとした家族経営の会社なのかもしれませんね!

ところで、奥田さんと京子さんの間に子供がいるかどうかは明らかにされていないようでしたが、京子さんの年齢を考えると、もしかしたら子供はいないのかもしれませんね。

現在はゲーム会社経営?

komiyamakyouko5

可愛らしい会社ロゴですね!

こちらは京子さんが経営している株式会社カエルパンダの会社ロゴです!

元は、アパレル業界を経てゲームクリエイターの世界に足を踏み入れた京子さん。

彼女の代表作は、株式会社ジー・モードにいたころに作ったゲーム「ゆるゆる劇場」です。

komiyamakyouko6

ゆるゆる劇場とは、脱力型アドベンチャーゲーム(携帯電話アプリ)で、残念ながら現在は配信が終了してしまったようです。

配信されていた当時は、女子高生を中心に大人気だったそうですね!

どのくらい人気だったのかというと……シリーズ累計380万ダウンロードを達成するほどの大人気だったそうです!

女優よりもいい天職を見つけたのかもしれませんね!

ほかにも京子さんは「チャリ走DX」なるアプリゲームも開発し、こちらも配信開始から一か月半で120万ダウンロードの記録を打ち出したそうです!

kawakamikyouko7

こちらがチャリ走DXの画面ですね!

あらゆる障害物をよけながら、ひたすらチャリで走り抜けるというシンプルなアプリなのですが、移動中のサラリーマンとかにとっては、実はこういったシンプルなゲームがウケたりするんですよね!

多才な京子さんは英語の翻訳や歌詞作成なども受注しているようで、旦那さんと協力して仕事をバリバリこなしているようです!

年収は?

最盛期には年商10億を売り上げたという敏腕経営者の京子さん。

女優も仕事が入ればかなりの年収が稼げる職業ではあると思いますが、現在の年収はいかほどのものなのでしょう!?

資本金は300万円、売上高は直近の数字に関しては非公開のようです。

しかし、一国一城の主ですから、年収は3000万円くらいはいってるのではないでしょうか??

Sponsored Link


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする